被写界深度とは
交通事故によるムチ打ち症被害者が知っておくべきこと
 鞭打ち症や頚椎捻挫、外傷性頚部症候群、脳脊髄液減少症(低脊髄圧症候群)など
交通事故による被害を受けたときに最も大切なのは損害請求する被害者が自分の受けた
損害を正しく理解し請求することです。

 なぜなら日本の法律では、損害賠償を立証する責任が被害者側にあるため、被害者が
請求しない損害については保険会社は支払う必要がありません。ここが一番問題に
なるところであり、被害者が正当な損害賠償を受け取れずに損をする原因でもあります。

スポンサードリンク


 だからこそ被害者自身が交通事故における損害賠償の知識を学んで、正しい損害賠償
請求をする方法を身に付けるしかありません。


 そのような知識がなければ交通事故による受傷から3ヶ月後、鞭打ち症が完治していない
状態のままわずかな金額で示談し、その1ヵ月後に後遺障害が悪化、職場を追われて
極貧生活を強いられる事になってしまいます。

ムチ打ち症,交通事故,慰謝料,示談


 逆に正しい知識があれば休業損害をもらいながら症状固定まで通院し、後遺障害を
申請して認定され、慰謝料のほかに将来の逸失利益まで補償してもらうことできるのです。

交通事故被害者のための損害賠償示談交渉入門


 ムチ打ち症被害者の行動次第でこれだけの違いがあることを是非知っておいてください。
この知識こそが、あなたや家族を守ってくれるのですから。


よく耳にする交通事故のムチ打ち症に関する話


 交通事故による頚椎捻挫いわゆる「むち打ち症」の場合、ほとんどの損害保険会社は治療を3ヶ月をめどに終了させたがります。捻挫は遅くても3ヶ月で治るという理由からですが、一般的には2ヶ月ぐらいで治癒している症状が2ヶ月が経過しても軽快しない場合は後遺障害を疑う必要がでてきます。

 それと同時期に保険会社より治療打ち切りの打診あるいは一方的な打ち切りがおこなわれています。保険会社の担当者も人間なのだから私の痛みがわからないの?と聞きたくなります。残念なことですが保険会社も所詮民間の営利企業ですから自社の利益が最優先されることもあるのかもしれません。

 そんな時にあなた自身やあなたの家族を守れるのはあなたしかいないんです。なぜなら日本の法律では、損害賠償を立証する責任が被害者側にあるため、被害者が請求しない損害については保険会社は支払う必要がありません。ここが一番問題になるところであり、被害者が正当な損害賠償を受け取れずに損をする原因でもあります。



 ですから、この時期をどのように切り抜け、本当にあなたが苦しんでいる事を、つまり後遺障害を立証していくかが最大の課題です。⇒交通事故被害者のための損害賠償示談交渉入門


 多くのムチ打ち被害者は知識に乏しいためこの段階で保険会社より示談へと誘導されてしまいます。事故受傷より2〜3ヶ月しても症状がきつい場合は、先ず治療を継続することが第一ですが、きちんとした治療の仕方をしていない場合は、治療の継続もできない事になります。
 
 そこで、早い段階から保険会社に治療を打ち切られず継続するために必要な準備をしていなくてはなりません。治療が継続できなければ後遺障害認定は不可能ですので、当然その後のあなたの生活に支障があっても(たとえ、それが交通事故のせいだとしても)自分で何とかするしかないのです。

 本来保険というのは、そのような人のために存在するはずなのですが残念なことにあなたの為に全力を尽くしてくれる保険会社ばかりではありません。



 あなたの身を守れるのは、あなただけです。



 もし不運にも交通事故に遭ってしまい、これからどうすれば良いのか分からないというのであれば、今から情報武装しておきましょう。⇒交通事故被害者のための損害賠償示談交渉入門

タグ:鍼治療 整形外科 頚椎捻挫 むちうち症 追突事故 交通事故 整骨院 接骨院 自賠責保険 慰謝料 交渉 保険会社 示談
posted by 慰謝料示談屋 at 08:46 | 交通事故 慰謝料 請求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。